オートモーティブ

現在そして未来に向けて、コネクテッドカーを簡素化

ビデオを見る

コネクテッドカーやインテリジェントカーは、今後普及が見込まれます。しかし、多数のソフトウェアシステムの開発、インテグレーション、管理は複雑化する一方で、自動車メーカーの技術革新や収益性の足かせになっています。ウインドリバーはソフトウェア、テクノロジ、ツール、サービスを一体化して、次世代コネクテッドカーのソフトウェアシステムの一元化、簡素化、維持管理を目指すメーカーを支援します。自動車の未来については、ウインドリバーが制作したドキュメンタリーシリーズをご覧ください。

安全かつセキュアで、信頼性の高いコネクテッドカー

外部の脅威からセキュアでなければ、自動車は真に安全とはいえません。真のセキュリティには、オートモーティブシステムのあらゆるレベルでセキュリティ対策が必要です。

ウインドリバーのメリット

ウインドリバーは、次世代コネクテッドカーの開発の簡素化を目指す自動車メーカーを、以下のように支援できます。

Wind River Helix Chassis

ソフトウェア、テクノロジ、ツール、サービスを一体化して、次世代コネクテッドカーのソフトウェアシステムの一元化、簡素化、維持管理を目指す自動車メーカーを支援するソフトウェアフレームワークです。

詳細はこちら
Wind River Helix Edge Sync

組込みシステムの完全性をリモートに管理、維持するほか、車両のライフサイクル全体で重要データを収集するための堅牢なOTAソリューションです。

詳細はこちら
Wind River Helix Cockpit

LinuxベースのGENIVIに対応した、車載情報(IVI)システム、テレマティクス、デジタルクラスタシステム向け環境です。

詳細はこちら
Wind River Helix Drive

先進運転支援システム(ADAS)のイノベーションを主導する、ISO 26262安全認証取得に対応したプラットフォームです。

詳細はこちら