ウインドリバー メディカル セミナー

~医療機器開発向けセキュリティ対策のグローバルトレンドとテクノロジー~

2018年4月24日

ウインドリバー株式会社 セミナールーム(東京)

この度、医療機器開発に携わる方向けにセミナーを開催することとなりました。米国本社のエキスパートが、北米やヨーロッパを中心とした業界の最新トレンドを、主にセキュリティにフォーカスしながら解説するとともに、ウインドリバーの先進の取組みを合わせてご紹介します。皆様におかれましてはぜひこの機会をご活用いただきたく、ご来場をお待ち申し上げます。

 

開催概要
日時 4月24日(火)14:00-17:00 (受付13:30より)
会場 ウインドリバー株式会社 22階セミナールーム
東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー
参加費 無料/事前登録制
主催 ウインドリバー株式会社

お申し込みはこちらから

アジェンダ
14:00 ご挨拶
ウインドリバー株式会社 営業本部 第一営業部
産業機器・医療機器製品担当 宇利知也
14:05-15:35

ウインドリバー講演(逐次通訳付き)

「医療機器のためのセキュリティ対策」
ウインドリバー OS事業部ビジネス開発担当ダイレクター アレックス・ウィルソン

  • 北米ではFDAの新たなガイダンスにより、医療機器のサイバーセキュリティ保護がこれまで以上に重要になってきました。また、e-ヘルスシステムへの移行は、デバイスや患者データへのサイバーセキュリティの脅威を増し、これにはNIST 800.53などのフレームワークの使用やIEC62433標準テストなど、サイバーセキュリティ保護のための新たなガイダンスへの対応が求められます。
    本セッションでは、すぐに入手可能な(OTS: Off The Shelf)ソフトウェア、とりわけOSが、機密性、完全性、可用性をどう保護し、さらに、これらがセキュリティフレームワークやセキュリティポリシーにどうマップされオープンスタンダードを利用したテストを実行できるかについて解説します。セキュリティアップデートなどの脆弱性に対するポストマーケットサポートを含むデバイスライフサイクルを通じてのセキュリティ手法について検討します。
    講師経歴:ブリティッシュ・エアロスペース、モトローラを経てウインドリバーに入社。ヨーロッパ地区OS担当ビジネス開発マネージャーから現職へ。ワールドワイドのインダストリアル市場向け事業開発戦略立案等に携わる。そのバックグラウンドからも先進のセキュリティ対策や安全認証について豊かな知見と広範な知識を擁する。
15:35-15:50 休憩
15:50-16:25

パートナー講演
「高品質、セキュア、安全な医療システム/機器のソフトウェア開発」
日本シノプシス合同会社
ソフトウェア インテグリティ グループ セキュリティ スペシャリスト 中野 哲也 様

  • 高品質でセキュアな医療システムや機器の開発、FDA準拠等に、それらの動作を司るソフトウェア自体を高品質、セキュアにすることは不可欠です。ソースコードやコンポーネントレベルでの品質やリスクの可視化と修正、また全体の挙動の試験による未知の脆弱性対策、それらの自動化による確実性と効率の向上について解説します。
16:25-17:00

パートナー講演
「セキュアでスマートな医療機器システム/ハードウェア設計のために」
NXPジャパン株式会社
デジタル・ネットワーキング製品事業部 部長 岩瀬 肇 様

  • 医療の分野でも導入が進むIoT機能を備えた医療機器システムの開発にあたっては、これまで以上の万全なセキュリティ対策が必要となります。セキュアでスマートな医療機器システム/ハードウェア設計・開発を支援する組込みSoCソリューションをご紹介します。

※内容は予告なく変更される場合があります。

お申し込みはこちらから

本セミナーに関するお問合せ先
ウインドリバー株式会社
セミナー事務局
E-mail:seminar-jp@windriver.com