Wind River
Helix Drive

Wind River® Helix Driveは、次世代の運転支援システムや自動運転のイノベーションを開発するための基盤を提供します。

製品概要

Driveにより、ソフトウェア開発チームは、セーフティクリティカルな自動車アプリケーション向けに、高度にセキュアで信頼性の高い制御やシステムをより迅速に構築できます。

開発プロセスをスピードアップ

  • 先進運転支援システム(ADAS)や自動運転テクノロジの最も重要なニーズに対処するようにカスタマイズ

C厳格な安全性を備えたソフトウェアの開発

  • 複数のアプリケーションを1つの共通ハードウェアプラットフォーム上で統合するための高度な安全分離機能
  • ASIL DまでのASIL(Automotive Safety Integrity Level)各レベルのISO 26262認証取得に対応

電子制御ユニット(ECU)の統合

  • 部品コストの削減
  • ソフトウェアアーキテクチャの合理化
  • 小型化、軽量化、省電力化

セキュリティの確保

  • 階層化されたセキュリティにより、悪意のある攻撃から車載システムを保護
  • Intel® Trusted Platform ModuleとARM® TrustZone®をサポート

他のウインドリバーオートモーティブソリューション

Wind River Helix Chassis

Wind River Helix Chassis

Helix Chassisは、コネクテッドカーや自動運転車向けのソフトウェアフレームワークです。

Wind River Helix CarSync

Wind River Helix CarSync

CarSyncは、インテリジェントなOTAソフトウェア/ファームウェア/データ管理プラットフォームです。自動車メーカーはコネクテッドカーのライフサイクルを通して、組込みシステムの完全性を維持しながら、コストを削減できます。

Wind River Helix Cockpit

Wind River Helix Cockpit

Cockpitは、LinuxベースのGENIVI®に対応した、車載情報(IVI)システム、テレマティクス、デジタルクラスタシステム向け環境です。

Driveによって、開発を加速しながら、コンポネントやシステムの高度なセキュリティと厳格な安全を確保して、次世代のインテリジェントなコネクテッドカーをいかに実現できるかについては、こちらをご覧ください。