Wind River Helix
Edge Sync

Wind River® Helix Edge Syncは、インテリジェントなOTAアップデート/ソフトウェアライフサイクル管理ソリューションです。自動車メーカーはリモートに、組込みシステムの完全性の維持、パフォーマンスの分散、機能の強化を図れるほか、車両のライフサイクル全体で重要データを収集できます。

製品概要

Edge Syncにより、自動車メーカーはコスト効率よく、セキュアに、コネクテッドカーのアップデートを展開できます。ソフトウェアのリコールと付随する保証コストがなくなるほか、重要なセキュリティパッチやバグ修正を迅速に実装でき、顧客満足が高まります。

オートモーティブ専用

  • リソースに制約のある環境向けに開発
  • アップデートパッケージ構造の車載デバイスのツリーを正確に反映
  • 接続の切断時やアップデートの失敗時に、一時停止、再開、ロールバックをサポート
  • カスタマイズ可能な配信管理パラメータで、オートモーティブ向けユースケースに対応(アップデートのスケジューリングや優先順位付け、事前条件など)

モジュール形式で容易なインテグレーション

  • Edge Syncの各モジュールを個別に実装したり、エンドツーエンドなソリューションとして一括して実装できる柔軟性
  • OEM独自のテクノロジやサードパーティのテクノロジとの相互運用や容易なインテグレーションを考慮した設計
  • 車載およびクラウドと自動車間のプロトコルを多数サポート(ウインドリバー、標準、OEM独自)

データ主導

  • コネクテッドカーに実装されたハードウェア、ソフトウェア、ファームウェア、関連パーツの番号/バージョンの最新リポジトリを維持
  • アップデートの統計データのほか、車両のテレマティクスや診断データの収集により、新たな収益源やビジネスモデルを実現

セキュア

  • アップデートのセキュアな作成、配信、適用:実績のあるリファレンス実装により、クラウドから車両、下流の電子制御ユニット(ECU)までカバー
  • 組込み車載ソフトウェアに不可欠なウインドリバーのセキュア開発ライフサイクル(SDL)に準拠

他のウインドリバーオートモーティブソリューション

Wind River Helix Chassis

Wind River Helix Chassis

Helix Chassisは、コネクテッドカーや自動運転車向けのソフトウェアフレームワークです。

Wind River Helix Drive

Wind River Helix Drive

Driveは、自動車メーカーや1次サプライヤーに、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車のイノベーションを主導する、ISO 26262認証取得に対応したソフトウェアプラットフォームを提供します。

Wind River Helix Cockpit

Wind River Helix Cockpit

Cockpitは、LinuxベースのGENIVI®に対応した、車載情報(IVI)システム、テレマティクス、デジタルクラスタシステム向け環境です。

Edge Syncによって、自動車メーカーはコスト効果の高い、セキュアなSOTA/FOTAアップデートを効率よく展開しながら、新たな収益源やビジネスモデルを開拓できます。詳細はこちらをご覧ください。